中畑センター長挨拶About Us

 社会課題の解決に向け、研究で得られた新たな知見や技術を市場に普及させる、あるいはインフラ/行政サービスに反映させるなど、社会実装を強く意識した研究開発が求められています。
そこで、愛媛地域を強靱化し、地場産業や生活を支え、発展させるために、社会基盤i(アイ)センシングセンターを2019年12月に発足しました。測る(センシング)、解析する(アナリシス)、提案する(ソリューション)を一元化し、オール工学で諸問題に対応できるのが特徴です。

  1. ①工学部の多様なシーズを活かした、社会基盤管理、環境保全、まちづくり、モノ・ひとのためのセンシングデバイスの開発を支援します
  2. ②ICTによる高度センシングとAIを活用したデータ解析技術を駆使し、地域の問題解決と地域イノベーション創生を提案します
  3. ③学生または地域の社会人を対象とした教育講座、実習を実施します
  4. ④自治体・民間企業からの技術相談、講習会・セミナー等を受付ます

工学部6講座から研究の垣根を越えて40人を超える教員が集まっています。皆様からの研究・技術開発のご相談、ならびに人材教育のご相談をぜひお寄せ下さい。研究や教育を通じて、地域社会に貢献します。

更新情報What's New

第15回仕繰セミナーのご案内(7/16開催予定)
第14回仕繰セミナーのご案内(6/18開催予定)
第13回仕繰セミナーのご案内(5/21開催予定)
第12回仕繰セミナーのご案内(4/16開催予定)
第11回仕繰セミナーのご案内(3/19開催予定)
第10回仕繰セミナーのご案内(2/26開催予定)
第9回仕繰セミナーのご案内(1/29開催予定)
第8回仕繰セミナーのご案内(12/18開催予定)
第7回仕繰セミナーのご案内(11/13開催予定)
モービルマッピングシステム(MMS)を搭載した車両の見学会を開催しました。
第6回仕繰セミナーのご案内(10/16開催予定)
第5回仕繰セミナーのご案内(9/18開催予定)
第4回仕繰セミナーのご案内(8/21開催予定)
ホームページをニューリアルしました。
第3回仕繰セミナーのご案内
社会基盤iセンシングセンターと国土交通省四国整備局との調印式について 「日刊工業新聞 電子版」7月3日付に掲載されました。
国土交通省松山河川国道事務所と「i-Construction推進のための連携・協力に関する協定」を締結し、調印式を行いました。
第2回仕繰セミナーのご案内
第1回仕繰セミナーを開催しました。
i-Constructionシンポジウムが開催されました。中畑センター長が社会基盤iセンシングセンターの活動を紹介しました(キックオフ)。
社会基盤iセンシングセンターの開設について 「日刊工業新聞 紙面」11月27日付に掲載されました(転載許可取得済)。
社会基盤iセンシングセンターの開設について 「日刊工業新聞 電子版」11月27日付に掲載されました。

お問い合わせ

社会基盤iセンシングセンター事務局
電話番号:089-927-9676
E-mail: